業界別製品

■自動車関連

●カバー ●キャップ
●ブーツ ●パッキン
●小型部品
●小型グロメット
●大型グロメット

■その他関連

●大型家電 ●産業機器
●家電 ●水廻り
●酪農機器


 
0574-25-4185 0574-25-7387

会社紹介

 

日本(本社・工場)

インドネシア工場

本社工場

社名 株式会社山登ゴム 自動倉庫システム
所在地 本社/岐阜県美濃加茂市本郷町6-5-22
山之上倉庫/岐阜県美濃加茂市山ノ上町字池下1008番15号
創業 1967年10月
設立 1972年8月
創業者 山口藤太郎
社長 山口恭司
資本金 1,000万円
総敷地面積 7,200㎡
総建物面積 3,700㎡
事業内容 自動車用•弱電機器及び一般工業用ゴム部品の
配合設計及び製造
取引銀行 大垣共立銀行、三菱東京UFJ銀行、商工中金
主要取引先 納入先:ゴムノイナキ(株)、建設ゴム(株)
仕入先:鈴五商事(株)、大都産業(株)、(株)護光商会
    丸紅テクノラバー(株)、東京材料(株) 
認証取得 ISO9001:2008
  エコアクション21

沿革

1967年10月 山口藤太郎がヤマトゴム工業所を創業
1972年8月 法人に改組して、資本金200万円にて(株)山登ゴムに名称変更
1972年10月 精練から成形までの一貫工場を目指し、オープンロール(練り機)を導入
1974年10月 資本金500万円に増資  
1977年 8月 練り工程強化のため、加圧ニーダーを導入
1982年 4月 他社に先駆けて射出成形機を導入
1985年 6月 事務所棟を竣工
1995年 8月 資本金を1,000万円に増資
1995年 9月 インドネシアでの委託生産を開始
1996年 2月 自動倉庫を備えた精練棟を竣工
1996年11月 インドネシアに自社工場、PT.ヤマトゴム•インドネシア(YGI)を設立
1997年10月 ISO9000を意識した山登ゴム品質標準を制定
1998年 4月 社内LANを使った受発注システム•生産管理システムの導入
2003年 5月 ISO9001認証取得
2003年 9月 創業者 山口藤太郎が会長に、山口恭司が社長に就任
2006年12月 美濃加茂市山之上町に約1.200㎡の倉庫を取得
2010年12月 エコアクション21を認証取得
2011年 9月 Webサイト「ラバーワールド」立ち上げ
2016年 4月 ホームページ リニューアル
2017年 1月 創業50年を機に会社ロゴマーク リニューアル

Indonesia

海外拠点:インドネシア工場

社名 PT.YAMATOGOMU INDONESIA
所在地 Kawasan Indotaisei Block K-6,Cikampek
Jawa Barat-Indonesia 41373
設立 1996年11月
社長 桐山武士
資本金 140万ドル
株主 山登ゴム:98.6%
山口恭司:0.7%
GATOT EMRANJONO:0.7%
総敷地面積 約17,250㎡
総建物面積 約7,900㎡
認証取得 ISO TS認証

沿革

1996年11月 PT.ヤマトゴム•インドネシア(YGI)を設立
1997年 3月 生産開始
1999年12月 ISO9002認証取得
2000年 3月 新工場を竣工
2001年 1月 EPT(輸出加工区)の認証を取得すると共に精練棟を竣工
2001年11月 QS9000認証取得
2005年 5月 倉庫棟を竣工  ISO TSを認証取得
2008年 7月 成形工場 第2棟竣工(2,282㎡)
2014年 1月 分工場(ヌルス)をスパン県に設立
2016年 1月 分工場(ヌルス)に第2工場を増設